プロフィール

とらのこ

Author:とらのこ
はじめまして。
 会社員、資格試験受験生、専業主婦などを経て、現在、質屋にて修行中です。
 新しいことを始める準備のため、読んだ本から得られたTipsをご紹介できたらと考えています。
 当初、自分の勉強も兼ねてビジネス書を中心にしたいと考えていましたが、長く開店休業状態が続きました。
 時間の経過とともに、自分の興味や、ブログがはたす役割も少しずつ変わってきたように思います。
 読んだ本のご紹介を通して、何を考えたのか、感じたのか、書いていきたいと思っています。
 当面は、拙ブログ「シンプルシンキング」に掲載しましたテーマ「読んだ本・読んできた本」に加筆・再掲載していくつもりです。「シンプルシンキング」については、このページの左下「リンク」をご覧ください。
 よろしくお願いします。

本の題名から探す

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

こんな本を読んだ
伸ばしていきたい思っている「情報調査力」を鍛えるため、読んだ本をご紹介していきます。 簡潔に書いていきたいと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『バレエ漬け』(ブログ「シンプルシンキング」2007.2.13の再掲載)
最近読んだ本。

草刈民代さんの『バレエ漬け』。

彼女の、何とも男気ある性格、というか、さっぱりした性格がよく出ている本であり、また、本を「書くこと」で、「どうして踊るのか」という長年、踊りながら、考えてきたということを、整理する機会でもあったのではないか、と思った本だ。

また、彼女の夫の周防監督の「人間が出来ている」というか、懐の深さが察せられる本でもある。
本人も、どうして、自分が映画に主演することになり、その監督と結婚することになったのか、いまだに分からないし、「こんなんじゃなかった」と言いながら、一緒に暮らしている、2人の暮らしぶりも伝わってきて楽しい。

また、彼女のバレエにかける、とてつもない執念のようなものも伝わってきて、一見、華やかな世界と思われている世界の、厳しい舞台裏を垣間見た気もした。

第一線で活躍しているダンサーが、「どうして踊るのか」、「これでいいのか」、という自問自答を繰り返しながら、毎日、毎日、来る日も来る日も、「精進」していることに頭が下がる思いもした。

草刈さんの、何とも気風のよさそうな、性格がよく伝わってきて、こちらも元気が出てくるような本だった。

続きを読む
スポンサーサイト
探していたのはこれかもしれない。『生きる意味』『絵本徒然草』 (ブログ「シンプルシンキング」2007.1.31の再掲載)
2007年1月に書いた記事の再掲載です。


******
生きる意味 (岩波新書)生きる意味 (岩波新書)
(2005/01/20)
上田 紀行

商品詳細を見る


絵本 徒然草 上 (河出文庫)絵本 徒然草 上 (河出文庫)
(2005/06/04)
橋本 治

商品詳細を見る

(↑徒然草は、これが一番分かりやすいと私が思っている本)

最近、家にある本、図書館の本をむさぼるように読んでいる。
昔、借りて、読んで、最近思い出した本も含めて、当時のことを振り返りながら、読んでいる。

半年ほど前に買った本、
上田紀行著『生きる意味』を最近になって、ふとまた手に取った。
子ども時代、不登校など、いろんなことがあって、私は、世の中をさげすんでいた。
高校時代の愛読書は、吉田兼好の徒然草だった。
兼好法師みたいな生活、生き方をしたい、と思っていた。
機会あって、京都に行ったときには、兼好法師の墓参りもした。
「どうして、何のために自分は生きているのだろう」
「学校はとても窮屈だなあ」
などなど、いろんな疑問を抱えながら、小学校の数年間は学校に行っていたが、とうとう
「このまま続けていると、自分がつぶれてしまう」
と思って、行かなくなったが、勉強はしたかったので大学には行った、という大変にレアなルートをたどった。

当時、こんな疑問(上記)をたずねる人もいなかったし、当時の私はこんなことを聞いたら、「頭がおかしい」と思われる、と思っていた。
とにかく、そんなことをたずねられるような環境ではなかった。
まずは、学校に行けばそれでよい、それだけだった。
学校に行かなくなって、他人の視線が気になるようになり、ますます自分の生き方は、窮屈になっていった。
不登校、という当初の望みはかなえたにもかかわらず。こんなだったら、適当に、休み、休み、学校に行っていた方が、よっぽど楽であり、幸せだったと今になって思う。

うつ病、という診断がついたのは、大学を出て、社会人生活を4年ほどしてからのことだ。
当時の私はハードワーカーだった。
それまでは、うつ病ではなかったんでしょうね。きっと。
ただ、それまでにも自分の根底にあった、
「何で生きてるのか」
「自分にとって大事なものはなにか」
分からないまま、生きる意味が分からない、大事でないと思っているもの・ことのため(人、名誉、金、世間体など)に、必死に自分をすり減らす生き方を続けてきた結果、うつ病の代表的な症状と、自分の症状が一致した、ように思う。
そして、弱いので、うつ病イコール「休養してよい」と言われ、ようやく休むことを許され、いまだ、根本の問題が解決せず、薬を飲んでも効き目はなく、いまだにうだうだやっている、という感じがする。

長くなりましたが、そういう意味で、『生きる意味』という本は、私の問いに対する、どんぴりゃの解答をくれた本、とはいえないが、
こういう悩みがあっていいんだ、
同じようなことを考えている人がいるんだ、
なるほど、そういうことだったのか、
など、自分の過去の気持ち、言動を、後付けだが意味づけする(もしくは正当化する)のに、格好の材料である気がしてならない。
そして、本とのめぐりあわせも、偶然ではなく、運命のように思う。

『老師と少年』(ブログ「シンプルシンキング」2007.1.27の再掲載)
2007年1月に書いた記事の再掲載です。



******

老師と少年老師と少年
(2006/10/24)
南 直哉

商品詳細を見る

新潮社から出ている季刊誌「考える人」を時々読む。
そこの編集長である、松家仁之さんが発行しているメールマガジンがあり、購読している。
「考える人」
少し前、そのメールマガジンで、「老師と少年」という本を紹介していた。
最近、読んでみた。

お坊さんが書いた本のようだ。
字も大きいし、言葉遣いもとても分かり易い。
でも、言っていることがとても深い。
なるほど、と納得する部分もたくさんある。

あらすじは、生き方に迷っている少年が老師に、いろんな問を夜な夜な投げかけるという話。

老師が言う。
「生きることの苦しみと、生きるための苦しみは別物。」
「少年にとって、自分と対話が役立つことはない。でも、自分と同じ悩みを持っている人が存在することを知ったことは意味があるかもしれない」
という具合。

何度も読みたいと、むしろ読まないと、本質はつかめない(少なくとも私にとっては)深い内容なのだ。
普段は、図書館で借りてしまう本が多いのだが、この本は買って、手元においておきたいと思っている。

『夜と霧』 (ブログ「シンプルシンキング」2007.1.23の再掲載)
2007年1月に書いた記事の再掲載です。


******
夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録夜と霧――ドイツ強制収容所の体験記録
(1985/01/22)
V.E.フランクル

商品詳細を見る

フランクル『夜と霧』 2013年3月 (100分 de 名著)フランクル『夜と霧』 2013年3月 (100分 de 名著)
(2013/02/25)
諸富 祥彦

商品詳細を見る

今年のセンター試験が終わった。
結果がよかった人も、悪かった人も、春までもう少し。

二十歳の成人式の日、私はセンター試験会場に居た。
配られた問題用紙を開く前に、少しでも問題が読めないかと、じっと見ていたあわれな自分。
成人式の振袖どころの騒ぎではなかった。

私は、学校は行かずとも、勉強はする、という変な高校生であった。
正確には、通信制高校に籍を置きながら、大学検定に合格して、大学に入った。
当時、通信制高校は卒業するのに4年かかるので、大検に合格した3年生のとき、大学受験の勉強に専念するため、通信制高校は中途退学した。
考えてみると、とても不安定な身の上である。

高校中退者と、大検合格者と、世間的に、どっちが見栄えするのだろう、とつまらないことを考えた(どちらも不安定なことこの上ない・・・)。

でも、通信制高校に通い続け、大学受験に不要な授業を受ける負担を引き受ける余裕は自分にはなかったので、高校中退を選択した。
本格的に大学受験の勉強に入る前、父親の知り合いで、かつて高校の数学の先生をしていた人に、1週間に2時間ほど、数学を習っていた。
1週間、自分で勉強して、分からないところを先生にまとめて聞く、というスタイルであった。
いつもは、数学の問題を黙々と解いているのであるが、あるとき、なにを思ったか、先生が突然言った。

ユダヤ人で、アウシュビッツの収容所から生還した人の話がある。
収容所では、たくさん人が死んでいくのだけれど、毎日コンスタントに人が死んでいくのではなく、「クリスマスまでには解放されるのではないか」などという、デマが流れ、でも結局、デマはデマで、クリスマスが過ぎても解放はされず、そうすると力尽きたように、たくさんの人がどっと死んでいった、ということだった。
収容所では、体力がある人が、生き延びたわけでなく、最後まで、「生きて収容所を出る」という希望を失わなかった人が、生き延びた、という。
そういう状況を見て、本の著書は、「私が人生に期待するのではなく、人生があなたを待っている」ということを悟ったそうだ。

先生は、つらいことがあると、その言葉を思い出すようにしている、と言っていた。
同時に、本当につらいときは、そう思ったことすら、忘れてしまっているんだけれど、とも言っていた。

本の話を聞いた当時、まだ高校生だった私は「そんなものかなあ」と思った。
当時の自分の状況はけっこうつらいものがあった。
明日どうなるか分からない我が身。
結局、本の題名は聞かずじまいだった。

その後、予備校に行くようになり、授業で取り上げられた話に「なんだか聞いたことがある話だなあ」と思うことがあり、手に取ったのが「夜と霧」だった。

まさに、数学の先生が話していた本は、これだったのだ。
本を手にしたとき、とてもなつかしいような、不安定な当時を思い返すような気持ちがした。

私は無知で知らなかったのですが、有名な心理学者の本だったのですね。
本のあちこちに、蛍光ペンで線を引いたことを覚えている。

今の生活は、人生や、周りの環境に期待していないか、自分の「思い」をきちんと入れることが出来ているだろうか。
最近、ふと、「人生があなたを待っている」
この意味を思い返すことがあり、もう一度、読んでみたいと思っている。
『窓ぎわのトットちゃん』 その3(ブログ「シンプルシンキング」2007.1.16の再掲載)
2007年1月に書いた記事の再掲載です。

これを書いている2013年の段階では、思春期に受けたストレスがうつ病の原因となっていることがマウスの実験でわかっています。
そのニュースを聞いたとき、「やっぱり」というのが第一印象でした。
過去はどうにもしようがありません。
過去にばかりとらわれていてもどうしようもありません。
遅ればせながら、自分の個性を伸ばすことを少しずつ継続していきたいと思っています。

******

窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)
(1984/04/15)
黒柳 徹子

商品詳細を見る

以前、書いた「窓ぎわのトットちゃん」を何十年ぶりに読んでみての感想の続き。

何十年かぶりに、同じ本を再び読んでみて、初めて読んだ当時の自分の状況がどんどん思い出され、胸がいっぱいになった。

当時の私は中学生で、不登校していて、自宅で一人で毎日勉強していた。
周囲と全く違う環境に一人でいた。いつも一人だった。

そしてひたすら、自分が決めた道を進むための努力を繰り返しながら、内心では「本当に自分のやり方で大丈夫だろうか。」という不安も常に抱えていた。

何十年も前に読んだとき、自分に足りなかったのは「これだ」というのがすでに分かっていたのだけれど、結局その思いを封印、というか、見ないフリをしてしまった気がする。

当時の自分に足りていなかったのは、自分を受けれてくれる人の存在、であったと思う。

見ないフリした理由は、そのことを分かってしまったら、自分の受けてきた教育や環境が悪かったと、他人のせいにすることになると思ったから、と思う。

思えば自分は、子どものころ、恵まれていたといえば、そうも言えるけれど、いろんな枠組みにはめられ、自由に動けなくなっていた。

学校に行くと、いつも緊張していた。
学校で「こうすれば、受け入れられる」というのが分かっていて、ひたすら期待に応えている、という感じだった。
「受け入れられる」というのは、条件つきの受け入れ。
相手の期待に沿わなければ自分は捨てられる、と分かっていた。

考えてみると、自分の個性はゼロだった。
続きを読む

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。