プロフィール

とらのこ

Author:とらのこ
はじめまして。
 会社員、資格試験受験生、専業主婦などを経て、現在、質屋にて修行中です。
 新しいことを始める準備のため、読んだ本から得られたTipsをご紹介できたらと考えています。
 当初、自分の勉強も兼ねてビジネス書を中心にしたいと考えていましたが、長く開店休業状態が続きました。
 時間の経過とともに、自分の興味や、ブログがはたす役割も少しずつ変わってきたように思います。
 読んだ本のご紹介を通して、何を考えたのか、感じたのか、書いていきたいと思っています。
 当面は、拙ブログ「シンプルシンキング」に掲載しましたテーマ「読んだ本・読んできた本」に加筆・再掲載していくつもりです。「シンプルシンキング」については、このページの左下「リンク」をご覧ください。
 よろしくお願いします。

本の題名から探す

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

こんな本を読んだ
伸ばしていきたい思っている「情報調査力」を鍛えるため、読んだ本をご紹介していきます。 簡潔に書いていきたいと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳にいいことだけをやりなさい!
「脳にいいこと」だけをやりなさい!「脳にいいこと」だけをやりなさい!
(2008/11/07)
マーシー・シャイモフ

商品詳細を見る


 頭のいい人は脳の使い方はうまいとか、脳はこうやって鍛えろ等、その類の本がたくさん出ていますが、脳の使い方を変えることは可能なのでしょうか。
 頭の良さ=脳の使い方なのでしょうか。
 脳をよくするにはどうしたらよいか、そんな疑問にひとつの解を示してくれる本です。

著者の言う「脳をよくする手順」を7つあげ、それらについて詳細に述べています。
 その7つの手順とは、
 ① ネガティブ思考の「大そうじ」をする
 ② プラス思考で、脳にポジティブな回路を作る
 ③ 何事にも「愛情表現」を忘れない
 ④ 全身の細胞から健康になる
 ⑤ 瞑想などで脳を「人智を超えた大いなる力」につなげる
 ⑥ 目標を持ち、脳に眠る才能を開拓する
 ⑦ つき合う人を選んで、脳によい刺激を与える

 これら詳細については本書にゆずるとして、自分が「なるほど」と思ったのは、脳を良くする下準備として、自分の脳の幸せ度をチェックしてみよう、という項目でした。
 このテスト、自分がやってみたら、とても点数が低かったのです。
 著者が考える幸せには4つのレベルがあり、それは以下の通りです。

 【特に恵まれていなくても、なぜか幸せ】…これが本当の幸せ。
  外的な要因にかかわらず、常に揺るぎない充足と喜び、心の平安を感じる。
 【経済や環境に左右される幸せ】…お金や仕事、人間関係など、何かがうまくいったとき、何かを上手にできた
  時などに得られる喜び。外的要因が変化すれば、この幸せはしぼんでしまう。
 【不幸】…人生そのものに不快感を覚える状態。怒りや疲労、憂鬱などを感じているとき。
 【つかの間の幸せ】…アルコール、セックス依存、ギャンブル、過食など、いわゆる「つかの間の快楽」

 追い求める幸せが、経済や環境に左右される幸せの場合、どんなに頑張ってもゴールがありません。「もっと」欲しい、「いつか」欲しい、と四苦八苦します。 
 著者は、本当の幸せは、「もっと」素晴らしいものによって、「いつか」もたらされるものではなく、脳が幸せを感じられるのは、「今」だけ、と言います。
 本書には、「特に恵まれていなくても、なぜか幸せ」な”本当の幸せ”を引き寄せる手法が載っています。
 本書を読んで、いかに飢餓的に幸せを欲していたかに気づかされました。
 帯にある「コペルニクス的転回」とまでは言えませんが、新しい気づきをもたらしてくれる本です。

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。