プロフィール

とらのこ

Author:とらのこ
はじめまして。
 会社員、資格試験受験生、専業主婦などを経て、現在、質屋にて修行中です。
 新しいことを始める準備のため、読んだ本から得られたTipsをご紹介できたらと考えています。
 当初、自分の勉強も兼ねてビジネス書を中心にしたいと考えていましたが、長く開店休業状態が続きました。
 時間の経過とともに、自分の興味や、ブログがはたす役割も少しずつ変わってきたように思います。
 読んだ本のご紹介を通して、何を考えたのか、感じたのか、書いていきたいと思っています。
 当面は、拙ブログ「シンプルシンキング」に掲載しましたテーマ「読んだ本・読んできた本」に加筆・再掲載していくつもりです。「シンプルシンキング」については、このページの左下「リンク」をご覧ください。
 よろしくお願いします。

本の題名から探す

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

こんな本を読んだ
伸ばしていきたい思っている「情報調査力」を鍛えるため、読んだ本をご紹介していきます。 簡潔に書いていきたいと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『窓ぎわのトットちゃん』 その1(ブログ「シンプルシンキング」2007.1.5の再掲載)
2007年1月に書いた記事の再掲載です。

******
夕方、書店のある本の前で、ふと足がとまった。
『窓ぎわのトットちゃん』

窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)窓ぎわのトットちゃん (講談社文庫)
(1984/04/15)
黒柳 徹子

商品詳細を見る

中学生の頃(もう何十年も昔のことである)、何気なく本屋でこの本を手に取り、
「自分もこういう教育を受けたかった」と心の底から思い、一人で泣いたことを思い出した。

そのときの気持ちは、無念とか、トットちゃんは運よく自分を理解してくれる人にめぐり合えたけれど、自分は違った(出会うことができなかった)というような、いらだち、ねたみだけでもなく(そういうのもちょっとあった気がする)、理解してくれる人に出会うことが出来た人の幸せを心から喜ぶような、自分もこれからはこういう人に会いたい、というようないろんな気持ちが入り混じった、複雑なものだった。
もう一度読んでみよう、たしか家にあったはず、と足早に売り場を去り、家に帰ってきたら、

ない・・・。
たしかに本棚にあったはずなのに・・・。
何度も本棚をしげしげと見たあげく、とうとう押入れのダンボール箱にまで手を出した。
「あった、あった。」
いわさきちひろさんの表紙や挿絵がきれいな本だ。
中学生の私がこの本を再び手に取る数年前、この本は出版されると同時にベストセラーになっていた。

当時、母が、友人からこの本を借り(相当ポピュラーだったのだろう)、一時的に家に本が置いてあったことがある。
表紙を見て「きれいな本だ」と当時、小学校低学年の私は思ったが、まだ読めない漢字が多く、文字も小さく、読んでみる気にはならなかった。

かわりに母に聞いてみた。
「面白かった?」と。

母いわく、
「なんか、意味が分からなかった」
数年後、中学生になった私が、書店でこの本を再び手に取ったのは、
裏表紙の
「きみはほんとうは、いい子なんだよ」。小林宗作先生は、トットちゃんも見かけると、いつもそういった。

「そうです。私はいい子です。」
そのたびにトットちゃんは答えた。

というくだりである。

母はつまらなかったというけれど、この文言を見たら、当時の私は、読まずにはいられなかった。

この続きは後日。
スポンサーサイト

テーマ:メンタルヘルス・心理学 - ジャンル:心と身体

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://konnabook.blog21.fc2.com/tb.php/25-8f608851
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。