プロフィール

とらのこ

Author:とらのこ
はじめまして。
 会社員、資格試験受験生、専業主婦などを経て、現在、質屋にて修行中です。
 新しいことを始める準備のため、読んだ本から得られたTipsをご紹介できたらと考えています。
 当初、自分の勉強も兼ねてビジネス書を中心にしたいと考えていましたが、長く開店休業状態が続きました。
 時間の経過とともに、自分の興味や、ブログがはたす役割も少しずつ変わってきたように思います。
 読んだ本のご紹介を通して、何を考えたのか、感じたのか、書いていきたいと思っています。
 当面は、拙ブログ「シンプルシンキング」に掲載しましたテーマ「読んだ本・読んできた本」に加筆・再掲載していくつもりです。「シンプルシンキング」については、このページの左下「リンク」をご覧ください。
 よろしくお願いします。

本の題名から探す

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

今日の天気


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

こんな本を読んだ
伸ばしていきたい思っている「情報調査力」を鍛えるため、読んだ本をご紹介していきます。 簡潔に書いていきたいと思っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探していたのはこれかもしれない。『生きる意味』『絵本徒然草』 (ブログ「シンプルシンキング」2007.1.31の再掲載)
2007年1月に書いた記事の再掲載です。


******
生きる意味 (岩波新書)生きる意味 (岩波新書)
(2005/01/20)
上田 紀行

商品詳細を見る


絵本 徒然草 上 (河出文庫)絵本 徒然草 上 (河出文庫)
(2005/06/04)
橋本 治

商品詳細を見る

(↑徒然草は、これが一番分かりやすいと私が思っている本)

最近、家にある本、図書館の本をむさぼるように読んでいる。
昔、借りて、読んで、最近思い出した本も含めて、当時のことを振り返りながら、読んでいる。

半年ほど前に買った本、
上田紀行著『生きる意味』を最近になって、ふとまた手に取った。
子ども時代、不登校など、いろんなことがあって、私は、世の中をさげすんでいた。
高校時代の愛読書は、吉田兼好の徒然草だった。
兼好法師みたいな生活、生き方をしたい、と思っていた。
機会あって、京都に行ったときには、兼好法師の墓参りもした。
「どうして、何のために自分は生きているのだろう」
「学校はとても窮屈だなあ」
などなど、いろんな疑問を抱えながら、小学校の数年間は学校に行っていたが、とうとう
「このまま続けていると、自分がつぶれてしまう」
と思って、行かなくなったが、勉強はしたかったので大学には行った、という大変にレアなルートをたどった。

当時、こんな疑問(上記)をたずねる人もいなかったし、当時の私はこんなことを聞いたら、「頭がおかしい」と思われる、と思っていた。
とにかく、そんなことをたずねられるような環境ではなかった。
まずは、学校に行けばそれでよい、それだけだった。
学校に行かなくなって、他人の視線が気になるようになり、ますます自分の生き方は、窮屈になっていった。
不登校、という当初の望みはかなえたにもかかわらず。こんなだったら、適当に、休み、休み、学校に行っていた方が、よっぽど楽であり、幸せだったと今になって思う。

うつ病、という診断がついたのは、大学を出て、社会人生活を4年ほどしてからのことだ。
当時の私はハードワーカーだった。
それまでは、うつ病ではなかったんでしょうね。きっと。
ただ、それまでにも自分の根底にあった、
「何で生きてるのか」
「自分にとって大事なものはなにか」
分からないまま、生きる意味が分からない、大事でないと思っているもの・ことのため(人、名誉、金、世間体など)に、必死に自分をすり減らす生き方を続けてきた結果、うつ病の代表的な症状と、自分の症状が一致した、ように思う。
そして、弱いので、うつ病イコール「休養してよい」と言われ、ようやく休むことを許され、いまだ、根本の問題が解決せず、薬を飲んでも効き目はなく、いまだにうだうだやっている、という感じがする。

長くなりましたが、そういう意味で、『生きる意味』という本は、私の問いに対する、どんぴりゃの解答をくれた本、とはいえないが、
こういう悩みがあっていいんだ、
同じようなことを考えている人がいるんだ、
なるほど、そういうことだったのか、
など、自分の過去の気持ち、言動を、後付けだが意味づけする(もしくは正当化する)のに、格好の材料である気がしてならない。
そして、本とのめぐりあわせも、偶然ではなく、運命のように思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://konnabook.blog21.fc2.com/tb.php/30-37da2d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。